ダイヤモンドマーク
マーキング素材はダイヤモンドマークにおまかせください!

  • HOME >
  • プレス条件
D-STYLE
映像紹介
マークのはがし方から圧縮まで
わかりやすい映像で紹介しています。

会社情報
ネットワークサービス

WEBチラシ
お得情報いっぱい!
仕上がりサンプル

D-STYLE マークデザイン用ソフトウェア
プレス条件

各マーク素材ごとのプレス条件は下記を目安にして下さい。

取り付け条件
生地種類 温度 圧力 1重マーク 2重マーク 3重マーク
ダイヤクロス 140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
45秒 50秒 60秒
ダイヤシルキー 140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
45秒 50秒 60秒
ダイヤラスター 140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
45秒 50秒 60秒
ダイヤニット 140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
45秒 50秒 60秒
ダイヤメジャー 140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
45秒 50秒 60秒
ダイヤNEW
ラバー
140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
5秒-15秒 5秒-5秒-10秒 5秒-5秒-
5秒-10秒
ダイヤNEW
ラバーつやけし
140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
5秒-15秒 5秒-5秒-10秒 5秒-5秒-
5秒-10秒
ダイヤNEW
カラーシート
140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
5秒-15秒 5秒-5秒-10秒 5秒-5秒-
5秒-10秒
ダイヤNEW
ラバー反射
140℃〜
150℃
中圧
(150〜200g/cm2)
15秒-15秒 ※接着フィルム面に保護フィルムがありますので、捲くってからカットをして下さい。
※熱いうちに、リケイフィルムを捲りプレスして下さい。
ダイヤNEW
トランスシート
130℃〜
140℃
中圧
(150〜200g/cm2)
5秒-15秒 ※アプリケーションフィルムを捲り
プレスして下さい。
ダイヤNEW
トランスシート
(昇華防止)
130℃〜
140℃
中圧
(150〜200g/cm2)
5秒-15秒 ※アプリケーションフィルムを捲り
プレスして下さい。

※上熱プレス機

※圧着条件はあくまでも目安です。プレス機の種類によって異なります。

※室温等によって圧着条件は変わりますのでご注意下さい。

※縮みやすいウェアもありますので圧着の前に空プレスをしてください。

※ラバー系は必ず空プレス(ウエアのみで)を10秒してからマークを圧着して下さい。

貼る面の汚れ等を拭き取り、
貼りたい箇所へ貼り付け、指等でこすり
圧着後、フィルムを剥がして下さい。

※強粘着の為、貼り直しは出来ません。
※材質や表面加工により、転写出来ない場合があります。

裏側が微粘着の再ハクリシールタイプに
なっていますので、
粘着力はやや弱いですが、
何度でも取付け取外しが可能です。

カット推奨条件
カット速度 カット圧力
NEWトランスシート 4〜20cm/s 50〜60g
NEWトランスシート(昇華防止) 4〜20cm/s 60〜70g
NEWラバー 20〜30cm/s 30〜50g
NEWラバーつやけし 20〜30cm/s 30〜50g
NEWカラーシート 20〜30cm/s 60〜70g
NEWラバー反射 20〜30cm/s 30〜50g
スティックシール 20〜30cm/s 40〜60g

※①あくまで目安ですのでカットしずらい際は調整して下さい。

※②カッティングプロッタ・替刃の種類によって条件は異なります。

※③新品の替刃と消耗した替刃では条件は異なります。

※④カットしても切れていない場合はカット圧力を5gずつ上げて下さい。

マーキング後の取り扱い注意事項

マークは熱に弱い為、
乾燥機・ドライクリーニング・アイロン等のご使用は、
マークが剥がれる恐れがありますのでご注意下さい。

洗濯機ご使用の際、大量に柔軟剤を入れますと
マークが剥がれる恐れがございますのでご注意下さい。
又、漂白剤のご使用はマークの色落ちの恐れがありますので
ご注意下さい。

ウエアをネットに入れて洗濯をして下さい。

温水での洗濯はお避け下さい。
洗濯後は、陰干しをして下さい。

濡れたまま長時間放置したり、日中車内に放置したりしますと
マークが剥がれる恐れがありますのでご注意下さい。


TOPへ